イタリーオイルショルダーレザー/Italy Oil Shoulder Leather

今日はパーツ裁断の日🛠
先ずはイタリーオイルショルダーレザーのレッドから♪

僕は牛革の種類の中でもイタリア製のショルダーレザーの雰囲気が大好きです。特にシワ加工や型押しのないシンプルな仕上げのもので、無二のラウンドファスナー長財布オイルコードバン・ブラックの内装にも使用しています。

左がシンプルなスムース仕上げ、右がシワ加工仕上げのもの

ショルダーは、その名の通り「肩」の部分を現し、牛の肩部分を皮革にした素材です。
肩部分は、牛が育つ過程で出来上がる首から肩にかけての自然なシワがそのまま残っています。その雰囲気が皮革一枚一枚違った表情になり、とても良い雰囲気を醸し出しています。

手前から奥にかけて入っている数本のスジが牛の首のシワです

ただ、繊維の向きが入り組んでいる部位になり、革が伸びにくい方向と伸びがあり曲がりやすい方向があり、随時確認しなければいけないのでパーツ取り時の位置取りが難しい素材です。
※製品になった時に、パーツがどんな動きをするかを考えて、引っ張られて負担が出るパーツやカードポケットパーツなどは、口部が伸びないように伸びにくい向きでパーツ取りします。逆に曲がりが生じるパーツは、曲がりがスムーズになるように、曲がりやすい向きでパーツ取りします。

今から裁断する予定の位置と、一つ前に裁断したパーツが隣り合わせでも、繊維が入り組んでいる部分は伸びの方向も変わってしまう場合があり、パーツ取りの向きを変える必要があります。
時間が掛かりますが、出来上がりの精度を上げるために、パーツ取りもしっかり集中して作業しています。

#革財布 #leatherwallet #ショルダーレザー #shoulderleather #イタリアンレザー#Italyleather
#yasujmiyazaki #munileather

コードバンレザーブランド【無二・Muni】 by Y.Miyazaki

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*